読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

海外に住みたいがためになりふり構わないことは間違いか?

先日、ハンガリーにある日系企業で日本人の方(Aさん)と話す機会があった。その会社は日本に本社があり、ドイツやハンガリーなどに支社があるようだ。Aさんは普段はドイツで働いていて、今回たまたま用事がありハンガリーの支社に来たそうだ。 Aさんとは…

ついにハンガリーでワーホリ解禁!その魅力は?

1 本14日,東京において,岸信夫外務副大臣及びシーヤールトー・ペーテル外務貿易大臣(H.E. Mr. Peter SZIJJARTO, Minister of Foreign Affairs and Trade of Hungary)の間で「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府とハンガリー政府との間の協定」…

海外から日本に格安で国際電話をかける方法とは?

パリで財布をすられ、日本のクレジットカードやIDカードを盗まれると最優先でしなければならないのはカードを停止することです。しかし、海外から日本に国際電話をかけようとすると高額な通話料がかかるのではないかと思っている人が多いのではないでしょ…

パリでベタな手法により財布をすられた俺の物語

1週間くらい前にフランスのパリに行ってきた。フランスには旅行で何度も訪れたことがあり、留学もしていた。そして、今まで1度もフランスで危ない目に遭ったことがなかったので完全に油断していた。 滞在最終日の夜、エッフェル塔に足を運んだ。ライトアッ…

ハンガリーのIT企業を退職し、ハンガリーでフリーランスになりました!

タイトルにもある通りですが、実は今年の1月に昨年の3月から新卒で入社したハンガリーのIT企業を退職しました!大きな理由は給料が下がってしまったことです。 僕は正社員として雇われたのですが、給料の事情で最初の1年はインターンシップ扱いになりま…

再びブダペスト在住の日本人美容師さんに髪を切ってもらった!

日本にいた時は多い時で2ヵ月に1回のペースで床屋に行っていたが、ハンガリーに来てからいい床屋あるいは美容院と巡り合えず髪を切りたくてもずっと二の足を踏んでいた。 しかし、そんな状態が昨年、ブダペストに住んでいる日本人の美容師さんに巡り合った…

フランス人の奥様との結婚&育児生活を描いた『嫁はフランス人』は爆笑間違いなしの1冊

『モンプチ 嫁はフランス人』 作者:じゃんぽ~る西 ジャンル:エッセイ漫画 ページ:168 巻数:全2巻 出版社:祥伝社 出版日:2015/07/08 価格:950円 Kindle版:あり(648円) 日本が大好きなフランス人の奥様との結婚&育児生活を描い…

音読は外国語習得に必要不可欠か?

以前、外国語習得における精読、速読、多読、音読について考えた。 japangary.hatenablog.com 今回はその中の音読について深く掘り下げて考えてみたい。 おそらく、日本人であればだれしもが1度は音読をしたことがあると思う。 いつか。それは、小学生のこ…

【増補版】なぜハンガリーで内定をゲットすることができたのか 仕上げ編

*この記事は【増補版】なぜハンガリーで内定をゲットすることができたのか 準備編および実践編の続きです。それらを読んでいない方は準備編と実践編を先に読んでください。 japangary.hatenablog.com japangary.hatenablog.com 準備編と実践編で書いたこと…

精読、速読、多読、音読にはそれぞれどんなメリットがあるのか?

外国語を勉強したことがある人なら精読、速読、多読、音読という4つの言葉は1度は聞いたことがあるのではないだろうか。外国語の上達においてこの4つのキーワードは重要である。そこで今回はこの4つがそれぞれどんなものなのかを確認し、それぞれのメリ…

noteでフランス留学記始めました。

こんにちは。 いつも「ハンガリーから発信中」をご覧くださりありがとうございます! 今回は告知です(笑) 以前からメルマガを書いており、ここ最近はメルマガのリニューアルのためにお休みしていましたがこの度、メルマガを廃刊し新しくnoteを始めます! …

フランスが抱える自由と責任のジレンマ⑥

移民を受け入れ続けてきたことによりフランス人と移民との間で様々な問題が起こっている。まず、移民の人々がフランス社会になじめない問題である。それを解決するためにフランス政府は移民に対して社会同化政策を長年行った。 社会同化政策とは、移民がフラ…

ハンガリーの永住権を取得する2つの方法

誰しもが一度は海外生活に憧れたことはあるだろう。そして、その中には実際に移住し生活し、憧れは確信に変わり、その国にもっと住みたい、願わくば永住したいと思う人もいるのではないだろうか。 基本的に海外で永住するためには永住権というものが必要だが…

【増補版】なぜハンガリーで内定をゲットすることができたのか 実践編

*この記事は【増補版】なぜハンガリーで内定をゲットすることができたのか 準備編の続きです。準備編を読んでいない方は準備編を先に読んでください。 japangary.hatenablog.com 実践編はいたってシンプルだ。 調べて書きとめた企業のメールアドレスに英語…

【増補版】 僕の語学史 英語中学生編 前編

おそらく、日本人の9割の人生で初めて触れた外国語は英語だと思う。僕もそうだった。御多分に漏れず僕も中学にあがると同時に英語をやることになった。しかしながら、小学校のころから英語には触れていた。というのも、僕が小学生だった時に僕の学校にきて…

ハンガリー語を話せない人間がハンガリーに住んでみた 第1話 英語を話せますか?

ハンガリー語は世界でも屈指の難しい言語だ。 その理由は日本語と同じくどの言語にも類似しないからだ。 ハンガリーに住み始めて11か月。 移住前に基本的な文法や単語は教わったものの、会話などの実践的な練習はしてなかったので僕のハンガリー語は素人に…

もしも部下ができたらこういう上司になりたい

社会人になって約1年が経ち、今までを振り返ってみると国籍問わずいろいろな人と仕事をした。 幸い、仕事をした人の中で僕が上司になったとき、こういう風になりたいと思える人に2人も出会うことができた。 1)いい意味で適当 彼らは一見するとおちゃらけ…

ITスキルと経験があれば海外でも簡単に就職できる!?

海外で働きたいと思う人は毎年一定数はいるが、実際に海外で就職活動をして仕事をゲットするのは仮に英語ないしその国の言葉が完璧に話せたとしても難しいだろう。 なぜ言葉が話せても難しいのか。それは各国には自国民の雇用を守る義務があるからだ。企業が…

ハンガリーの銀行事情

ハンガリーの銀行事情は日本のそれとは違う。 日本ではたとえばゆうちょ銀行からお金を引き出すときは、ゆうちょATMであれば手数料は基本的には無料で土日が有料、ゆうちょ以外のATMから引き出すときは有料。手数料も200円前後と一律。だが、ハンガリーは…

【増補版】なぜハンガリーで内定をゲットすることができたのか 準備編

グローバル化の波が押し寄せ、以前よりも簡単に異文化に触れることができるようになり、他の国で仕事をしてみたいという人は多くなった。 しかし、たとえ日系企業であっても海外で内定をゲットするのは一筋縄ではいかない。時には実力だけでなく運も必要にな…

フランスが抱える自由と責任のジレンマ ⑤

自由と並んでフランスを語るときに欠かせないのが“移民”である。フランスは自由国家であると同時に移民国家とも呼ばれる。 確かに、フランスには様々な国からの移民が生活している。フランスの生産人口(15歳以上から65歳未満)の約10%が移民だという…

ヨーロッパにはない‟部活”というもののよさ

高校サッカー選手権大会が閉幕した。 青森山田が5-0という圧勝で初優勝した。 今大会、青森山田は圧倒的な強さで、特に中学の時にサッカー部に所属し、GKをやっていた僕にとって青森山田のGKの廣末選手のプレーは圧巻だった。 僕は既に述べた通り、中学…

パスタとサンドウィッチビジネスの可能性

昨年、イタリアのベネチアに旅行に行ったときにパスタのお店とサンドウィッチのお店に入った。 両方とも値段が手ごろにも関わらず、具材が多く、味もかなりおいしかった。 日本ではパスタもサンドウィッチも具材が多いものは値段が張る。しかし、ベネチアの…

今年も世界は混沌としている

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 今年もつまらないブログですが宜しくお願いいたします。 今年も世界は混沌としている 年明け早々、トルコでテロがあった。 去年の年明けも同じように暗い事件が起こったが、今年も同じような始まりで不…

今年もいろいろありました・・・

海外で年を越すのはこれで3度目。 海外で生活するのはこれで2度目。 今年は大学と車校とバイト先を卒業して、ハンガリーに移住して働き初めてと24年間の人生の中で最も変化の大きかった年だと思う。 海外生活というと華やかなイメージを持つ人が多いと思う…

2016年読んだ本ベスト3 ~今年もいろんな本と出会えて感謝~

一生に出会える本なんて世の中にあるすべての本に比べればたかが知れている。 だからこそ、1冊1冊の本との出会いは人との出会いと同じくらい素晴らしいもの。 今年もたくさんの素晴らしい本と出会うことができた! 第3位 『イーロン・マスク 未来を創る男…

この1年ハンガリーでいろんな日本人に会ったけれど・・・

今年の3月に大学を卒業して、そのままハンガリーの会社に就職してこっちに移住した。 それから早9か月、ハンガリーで様々な日本人の方に会う機会に恵まれた。 日本食レストランを経営する日本人。 新規事業に挑戦する日本人。 美容師として働く日本人。 カ…

ブダペスト在住の日本人美容師に髪を切ってもらった!

海外で生活しているといろいろ困ることが出てくるが、僕にとって困っていることの1つは美容室だ。 まず、日本人とヨーロッパ人の髪の毛は違うようなのでヨーロッパ人の美容師が日本人の髪の毛を切るのはなかなか難しいということ。 そして、ブダペストには…

ハンガリーの高校の卒業式に参加してみて・・・

ハンガリーの高校の卒業式に参加した。 ただ、卒業式とはいっても実際の卒業は3月でこの卒業式に参加しても3月に卒業できるかどうかはこの後の試験で決まるというなんとも不思議な卒業式。 しかも、3月には規模は小さくなるけど本当の卒業式もあるようで…

フランスが抱える自由と責任のジレンマ ④

フランス革命から革命後の混乱はフランスだけに特質するものではない。中東でも同じことが起こった。いわゆる、アラブの春である。 アラブの春とは、2010年チュニジアで起こったジャスミン革命を発端に中東、アフリカで次々と革命が起こった一連の流れの…

ハンガリーでも日本のゲームは大人気

ハンガリーにももちろんゲームショップはある。 そこではWiiやDS,PS、XBoxなど様々なゲームが売られているが、とりわけPS(プレイステーション)は人気が高い。 また、DSも人気が高く、ポケモンや妖怪ウォッチなど日本でも人気があるソフトはこちらでも人気…

発音は外国語習得で最優先すべきことか?

よく、日本人は発音に対してコンプレックスを持っていると言われる。 たとえば、Youtubeで日本人が英語を話している動画をみると、コメント欄には発音が悪いと言った類のものが多くみられる。 僕はそれが単なるツールであるならば発音はそこまで気にしなくて…

1か月で仕事をやめた正社員のハンガリー人の同期の話

先日、会社の同じチームの同僚が退職した。 彼はこの会社で働き始めてからまだ1か月くらいだった。 辞めた理由は給料的にもやりがい的にももっといい仕事が見つかったからだという。彼の本業は映像クリエイターだという。しかし、この会社では彼は自動車関…

英語は万能ではない!!!

先日、訳あってブダペストのケータイショップに行き手続きをした。 対応してくれたのはハンガリー人の30代くらいの女性だったのだが、英語が話せないようでショップ内に英語を話せるスタッフは1人。そして、そのスタッフは他の客の対応中。 僕のハンガリ…

SNSやブログをやっててよかったと思うこと

たまにSNSやブログをやってていいことってあるのかやってない人から聞かれる。 僕はこのブログとTwitter、Facebookページなどをやっているが、正直やっていてよかったとハンガリーに来てから思うようになった。 理由は単純で、いろんな人に出会うことができ…

フランスが抱える自由と責任のジレンマ ③

フランスは絶対王政の国であった。王の命令には絶対に従わなければならず、自由なんてものはなかった。それに業を煮やしたフランス国民たちが国王をギロチン台に送り、処刑した。フランス革命である。 そして、国民の自由を謳った“人間と市民の権利の宣言”、…

手塚治虫の『アドルフに告ぐ』は1度は読んでおくべき最高傑作だ!

『アドルフに告ぐ』 作者:手塚治虫 ジャンル:歴史漫画(フィクション) ページ:258 巻数:全5巻 出版社:講談社 出版日:1996/06/14 価格:648円 Kindle版:あり(324円)*Kindle Unlimitedに加入していれば全巻無料 第2次大戦中のド…

好きなことを仕事にできる時代はもうやってきている

以前、このブログで紹介したNHKの人生デザインという番組の過去のストーリー(2014年度のもの)を最近よく観ているが、世の中にはいろいろな仕事があると改めて気づかされる。 ・インバウンドメディア代表 ・Youtuber ・カフェ経営 ・フリーランスデザイ…

ジョーブログから考える、Youtubeはテレビを滅ぼすのか?

【殺人率世界一】首都がスラム化したカラカスに行ってみた。 ジョーブログとはジョーさんというYoutuberのチャンネルで無一文でアメリカを横断したり、バックパック背負って南米を縦断するなど世界中で様々なチャレンジを行っている。 現在、チャンネル登録…

フランスが抱える自由と責任のジレンマ ②

新聞社へのテロが起こった翌日、私は大学でフランス人の教授とこのことについて意見を交わした。私は「テロは絶対に許せない行為だが、新聞社にも落ち度はある。他人が傷つくような侮辱的な風刺画は掲載するべきではない」といった。 すると彼女は、「表現の…

飛行機内の清掃のバイトは驚きの連続で刺激的だった

大学生の時に1年ほど飛行機内の清掃のバイトをやったことがあるが今思い返してみるといい経験だった。 機内清掃はまず①給油で立ち寄ってすぐに出発する便と②翌朝飛んでいく便の2タイプがある。 ①はたとえばアメリカ行きフィリピン着の便が途中、日本に給油…

おいしいコーヒーの裏にある闇の実態

『Black Gold おいしいコーヒーの真実』というドキュメンタリー映画を観た。 全世界で1日20億杯飲まれるコーヒーは、石油に次ぐ取引規模を誇る[3]国際商品であるが、その莫大な市場規模に対してコーヒー農家に支払われる対価は低い状況が続いている。そんな…

フランスが抱える自由と責任のジレンマ ①

2015年という年はフランスにとって1つのターニングポイントになった年であった。フランス国内でテロが起こったのである。 パリの新聞社が襲撃されたテロとパリの複数の場所で同時に銃撃が起こった同時多発テロは日本でも報道されたので知っている日本人も多…

受験英語はバカにできない

よく、日本の英語教育は批判される。 日本の英語教育では読むことと聞くことを中心に教えられ、書くことと話すことはあまり教えられない。したがって、せっかく最低3年、最高10年間学校で勉強しても英語を話したり、英語の文章を書けない学生が大半である…

堀江貴文さんから学ぶ人生の楽しみ方

堀江さんの著書『刑務所なう。』がKindle Unlimitedの読み放題サービスの対象になっていたから試しに読んでみたら面白かった。まだ半分くらいまでしか読んでいないがハマってしまった。 本自体は日記スタイルでなにを食べたか、どんな仕事をしたか、なにを思…

電通の事件で日本の働き方の伝統すべてを否定するのはおかしい

電通のニュースを友人のハンガリー人に見せたらびっくりしていた。 「仕事で自殺するなんて馬鹿だよ 。なんで彼女は辞めなかったんだよ?」と言っていた。 日本でも似たような意見は山ほどあるからそれを仕事=苦痛だという考えをもっているヨーロッパの友人…

田舎で空き家と畑を借りて自給自足する生活を描いた漫画『ぼっち村』が面白い!

『ぼっち村』 著者:市橋 俊介 ジャンル:農業 ページ:173 出版社:扶桑社 発売日:2015/09/02 価格:994円 Kindle版:あり(810円)*Kindle Unlimitedに加入していれば無料 自給自足生活を描いた漫画!? 売れない漫画家の市橋さんが雑…

日本の大学の文系レベルは海外の大学より低いのか?

今年も世界大学ランキングが発表され日本の大学では東京大学が34位と一番高かった。 resemom.jp よく、日本の大学はいろんな面でレベルが低いと言われているが果たして本当なのだろうか? 僕は名古屋にある中京大学の国際教養学部を卒業したが、在学中は南…

「懲役30日」を通して考える死刑制度は廃止すべきなのか?

とある尼さんが「死刑制度を推進する人は人を殺したがる馬鹿者だ」といった趣旨の発言をして死刑制度廃止を訴え炎上したのは多くの人が知っているだろう。 死刑制度の是非は常に議論されている。 そもそもなぜ死刑は存在するのだろうか? 歴史的なことではな…

元アルバイトが語る「マクドで注文されて最も嫌なメニュー」

Twitterで面白い記事を見つけた。 rocketnews24.com 実は僕も高校2年生の時に2か月ほどマクドでバイトしていた。 ちなみに、これが人生初バイトだったが仕事や働くということを完全になめていたためクビになった。(今思えば、自分が店長ならこんなやつ3…