読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ハンガリーではブラちら、パンちらはおしゃれの1つ?

 

‟ブラちら”とか‟パンちら”と聞くと興奮する男性は多いのではないだろうか?

 

チラリズム男のロマンスである。

街で女性が無意識にチラリをしているとき、男性は意識的に見てしまう。

見ていないようにみせかけて凝視するつわものもいる。男の性である。

 

一方、みられる側の女性の大半はそれに対して嫌悪感を抱くだろう。

 

しかし、僕が今住んでいるハンガリーではブラちらやパンちらはおしゃれの1つになっていると感じる。

 

もちろん、日本女性の中にもおしゃれの1つとして下着を見せる人はいるが、ハンガリーのそれはレベルが違う。

 

たとえば、先日街で驚くべき光景を目の当たりにした。

 

なんと、ハンガリー人女性が上半身はブラ1枚で街を歩いていたのだ。

 

おそらく、彼女にとっては露出度の高い服と同じ感覚なのだろうが、それでも街中である。

 

日本で女性が上半身はブラ1枚で歩いていれば、おそらく相当浮くだろう。

 

しかし、その女性は平然と街を歩き、周りの人間も隣にいた彼氏と思わしき男性も気に食わぬ顔で歩いていた。

 

日本では下着というのはどこか恥ずべきものというイメージがある。

 

男性が彼女と一緒でも下着ショップに入りづらいのはどこか恥ずかしさや照れがあるからだ。

 

しかし、ハンガリーではそういうイメージはない。

 

下着屋さんには多くのカップルがいて彼氏が彼女の下着を選んだりもしている。

 

そういった背景があるからこそ、その女性は上半身がブラ1枚でもそれをおしゃれとして堂々と歩いていたし周りも気にしなかったのだろう。

 

いずれにせよ、僕には刺激が強すぎた・・・