読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

Youtuberは今や立派な職業の1つだ

 

昨年、小学生がなりたい職業の第3位にYoutuberが選ばれ注目された。

 

Youtuberとは動画を撮りそれをYoutubeにアップする人のことだ。

 

最近では、多くのYoutuberが現れ若者を中心に人気を集めている。

 

人気のYoutuberの中には何千万と稼ぐ者もいる。

 

日本では「Youtuber=好きなことで生きていく」というキャッチフレーズがあり、それに小学生が憧れてしまうのは理解できる。

 

 

しかし、世間、特に親世代からのYoutuberへの風当たりはいまだに強い。

 

その最大の理由は収益、つまり給料が安定しないからである。

 

Youtuberの給料は自身の動画1本の再生回数で決まる。

 

多くの視聴者がその動画を観れば給料は上がるし、逆に観なければあがらない。

 

人気のYoutuberであれば1つの動画で何百万回再生もとれるが、そうでないYoutuberは何百再生くらいがいいところである。

 

そうなれば、給料ももちろん低い。コンビニでバイトをした方がよっぽど稼げるだろう。

 

そんな仕事を自分の子供が選ぶといえば親がいい顔をしないのは当たり前である。

 

 

動画を作るのは意外と大変?

 

Youtuberの最大の仕事というのは動画を作ることだが、これは予想以上に大変なことである。

 

Youtuber=自分の好きなことができる楽な仕事だと思っている人はそこがわかっていないのだと思う。

 

大前提として、Youtuberは視聴者が観てくれる動画を作らなければならない。

 

それはテレビ番組と同じである。

 

つまり、観てくれる動画をつくるためにまずネタを考えなければならない。

 

ネタを考えた後はそれを撮影する。

 

撮影した後は動画を編集しなければならない。

 

動画を作成した経験がある人はわかるかもしれないが、この編集の作業が意外と大変なのである。

 

 編集が終わった動画をYoutubeにアップすれば仕事は終わり。

 

人気のYoutuberは動画を週末も含めほぼ毎日アップしているため、この作業を毎日しているのである。

 

さらに、最近では人気のYoutuberがどんどん増えてきたためほかのYoutuberと違うネタを考えなければならない。

 

要は、Youtuberの差別化が激化しているのである。

 

 

 Youtuberは今やYoutubeだけではとどまらない

 

今やYoutuberの活躍はYoutubeだけにとどまらなくなった。

 

バンドを組んでライブをしたり、ファッションブランドを立ち上げてオリジナルアイテムを販売したり、本や写真集を販売したり、ゲームを出したり、講演会や握手会をやったり。

 

実際にテレビのCMに出ているYoutuberもいる。

 

それはもはや芸能人と変わらないと思う。

 

芸能人に憧れる人は多い。

 

しかし、誰もが人気の芸能人になって売れるわけではない。

 

Youtuberも同じである。

 

入り口は芸能人よりもはるかに簡単だが、売れる人気Youtuberになるのは人気芸能人と同じくらい難しい。

 

最近ではYoutuberの事務所がいくつもでき、ますます芸能人と同じ立場になっている。

 

だから、芸能人に憧れる子供がいるようにYoutuberに憧れる子供がいてもおかしくないし、いいことだと思う。

 

 

(おまけ)おすすめのYoutuber

 

1、マホト・・・僕がYoutubeにハマったきっかけのYoutuber。Youtuber以外にもファ

        ッションブランドやバンド(現在は休止中)もやっている。

        動画はおもしろ系がメイン。

 

2、禁断ボーイズ・・・関西を拠点に活動するグループYoutuber。

           動画は過激で面白い系がメイン。

 

3、ジョーブログ・・・世界中を旅するYoutuber。

           無一文でアメリカを横断したり、南米を縦断したりするなど動

           画は過激な旅系がメイン。

 

4、カリスマブラザース・・・アメリカを拠点に活動するグループYoutuber。

              メンバー全員が英語を話せるため動画は英語を使った面

              白系がメイン。

 

5、わっきーTV・・・関東を中心に活動するYoutuber。

           動画は食べる系がメインで、いろいろなレストランや食堂に行

           き、食レポを行う。