読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

学校行事に恋人を巻き込むハンガリーの文化の面白さ

ハンガリー新聞社

 

 

 

ハンガリーでは学校行事に恋人を巻き込む人が大半だ。

 

たとえば、学校祭に恋人を呼ぶ。

 

これは日本でもあると思う。

 

僕も学生だった時に恋人を文化祭に呼んで一緒にまわった。

 

日本では恋人を学校行事に巻き込むのはこれが最大だと思うが、ハンガリーは違う。

 

たとえば、学校のクラス旅行に恋人を呼んで一緒に行く学生がたまにいる笑

 

日本で例えるなら修学旅行に他校や社会人の恋人を呼んで一緒のバスや飛行機で行くという感じである!

 

もちろん費用はその人もちだが・・・

 

日本だとそんなこと認められないが、ハンガリーでは当たり前のようでむしろ恋人に呼ばれたときに(理由がある場合を除いて)参加しないと自分を愛していないと思うみたいだ・・・

 

そして、それ以上にすごいのが卒業式のイベントに恋人を巻き込むという事態!

 

ハンガリーでは卒業式にはたいてい男女でペアになって社交ダンスを踊るようだが、そのペアを恋人がいる人は恋人を呼んでペアになってもらう笑

 

そして、きっちとして正式な社交ダンスなので毎週練習もある。なので、他校や社会人の恋人は毎週ダンスの練習のために恋人の学校に通う。

 

これもクラス旅行同様、理由がないのに断ると自分を愛していないと思う。

 

日本では学校行事に他校や社会人の恋人を巻き込むのはありえないし、同じ学校の恋人とたとえば修学旅行で同じ班を組むなど学校内でなにかするさえ気まずい雰囲気がある。

 

その点、ハンガリーの学校ではこのオープンさ・・・

 

まさに文化や考え方の違いだといえる。

 

日本では恋人というのはどちらかといえば隠しておくものという考えがある。

 

一方、ハンガリーでは恋人はオープンなものという考えがある。

 

だから、恋人ができたらすぐに自分の友人たちに紹介するし、相手が自分を相手の友人に紹介してくれないと自分は恋人じゃないんだと思うようである。

 

こういった恋人に対する考え方の違いを理解し受け入れないと外国人と付き合っていくのは非常に難しい。

 

そして、ただ自分が理解して受け入れるだけじゃなく相手にも自分の考えを理解し受け入れてもらわなければならない。

 

その理解させ受け入れさせるのはなかなか根気がいる・・・