読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

受験英語はバカにできない

JapanGary大学

 

 

よく、日本の英語教育は批判される。

 

日本の英語教育では読むことと聞くことを中心に教えられ、書くことと話すことはあまり教えられない。したがって、せっかく最低3年、最高10年間学校で勉強しても英語を話したり、英語の文章を書けない学生が大半である。

 

そう聞くと日本の英語教育はダメだと思う。

 

しかし、日本の英語教育が必ずしも悪いとは言い切れない。

 

僕はそれなりに英語を使うことができる。

 

それなりにというのは大学に来る留学生と問題なくコミュニケーションが取れ、海外の会社で英語を使って働くことができるくらいである。

 

しかし、僕には英語圏への留学経験はないし、英語の語学学校へ通ったこともない。

英語専攻だったわけでもない。むしろ英語はずっと嫌いだった。

 

つまり、大半の日本人と同じように中学高校と受験英語をやってきただけである。

 

そして、大学に入り留学生とほぼ毎日英語でコミュニケーションをとっていた結果、自然とそれなりの英語が身についたわけであるが、大学に入って留学生とコミュニケーションをとったからといっていきなり英語ができるようになったわけではない。

 

最初は簡単な単語や文法しか使うことができなかった。

 

それでもなんとか相手とコミュニケーションをとれるようになり、外国語を使うことの面白さを知り、毎日留学生と交流するようになっていった。

 

受験勉強の時に学んだ基礎がものすごく役に立った

 

本の学校の英語の授業では主に受験勉強対策用の英語が教えられる。

 

では、日本の受験英語とはなにかというと、メインが基礎英語である。よって、学校の英語の授業のメインは基礎英語なのだ。

 

つまり、日本では中学校と高校の合わせて6年間を使って英語の基礎単語や文法をじっくりと教えていく。そして、高校受験や大学受験では大半の問題で3年間や6年間で身につけた英語の基礎能力が問われる。

 

 

僕は中学校3年間、高校3年間、浪人1年間の計7年間、受験英語をやり、それが結果的に僕の英語力の基礎になった。

 

7年間やると英文中によく出てくる単語や文章は自然と覚える。そして、よく出てくるというのはネイティブスピーカーがよく使う単語や文章という意味であるから実際にネイティブと話すときは大いに役立つのである。

 

確かに日本はスピーキングやライティングにももっと力を入れるべきである。

 

しかし、最低限の英語力はどんなに授業をさぼっていたとしても最低3年間もやれば身についているのは間違いないのでそれを活かすも殺すも結局は自分次第なのである。

 

 

 

 

お知らせ

 

メルマガ『世界から発信中』始めました!

ブログの右にあるリンクから登録できます。

 

ブログでは書けなかったハンガリー生活の裏話や小話、語学、時事ニュース、旅、恋愛などなどブログ以上にぶっちゃけて書いています!

 

ぜひ登録よろしくお願いします。