読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ヨーロッパにはない‟部活”というもののよさ

 

 

高校サッカー選手権大会が閉幕した。

 

青森山田が5-0という圧勝で初優勝した。

 

今大会、青森山田は圧倒的な強さで、特に中学の時にサッカー部に所属し、GKをやっていた僕にとって青森山田のGKの廣末選手のプレーは圧巻だった。

 

僕は既に述べた通り、中学ではサッカー部に所属し、高校ではハンドボール部に所属していたが、改めて思い返してみると部活はよかったなと思う。

 

おそらく、自分の学生時代の最も濃い思い出は部活だという人も多いのではないだろうか。

 

しかし、この‟部活”という放課後に学校の仲間とスポーツや文化活動をし、大会に出るというものはヨーロッパにはない。スポーツ少年団やユースクラブのようなものはあるが、日本の部活とほぼ同じものは存在しない。

 

 

なぜヨーロッパの学校には部活が存在しないのか?

 

なぜヨーロッパの学校には部活は存在しないのだろうか。

 

結論から言ってしまえば、ヨーロッパでは学校=勉強を教える場所だという考えに基づいているからである。だから、勉強以外のことは学校でやる必要がないのである。

 

一方、日本の学校は生き方を教える場所である。だから、裁縫や料理などといった勉強というよりはむしろ生き方を教えてくれる家庭科の授業があるのである。(海外の学校では家庭科の授業はないところがほとんどである)

 

その延長線上に部活があるのである。

 

部活のメインの目的はスポーツや文化活動をすることだが、そこから仲間と協力することの重要さや先輩、後輩との付き合い方などを学ぶのである。

 

 

部活が消える日は来るのだろうか?

 

しかし、そんな部活もいつの日か消える日が来るのではと危惧している。

 

なぜなら、少子化で生徒の数自体が少なくなっており、強豪校ならまだしも普通の学校では部員の数が競技の最低必要人数に到達せず活動自体ができない部活が増えているからだ。

 

先日、僕の母校の中学校のHPを見てびっくりした。

 

僕が通っていた10年前は1学年のクラスが5クラスで生徒数も1クラス30人だったのに、今では1学年1クラスで25人前後なのである。

 

今後日本の子供の数はどんどん減っていく。そうなると活動できない部活の数はさらに増えるのは間違いないだろう。

 

もう1つの理由は部活をしたいと思う学生が減っていることである。

 

僕が中高校生の頃は部活への加入が強制の学校が少なくなかったが今ではそんな学校も少ないようである。(もしも、加入を強制したらPTAから苦情がくるだろう・・・)

 

加えて、様々な娯楽が普及した今日、多くの学生がスポーツや文化活動よりもそっちに興味を示すようになった。そして、娯楽に費やすためのお金を稼ぐためにバイトをする学生も多い。

 

また、1年生の時には入部し活動しても2年生になり、受験のことを考え始めるようになり、一足先に受験勉強を始めるために退部する学生も多い。(実際、僕の高校はそれでサッカー部員の多くがやめ、3年生は3人になってしまった)

 

 

部活はすべきかすべきではないか

 

もちろん部活=学生時代の全てではない。

 

学生時代に1番楽しかったことは勉強、遠足、学校行事、恋愛など様々な答えがあるし、部活が苦痛だったという人もいるだろう。

 

だが、仮に合わなかったら退部してもいいから自分がなにかしら興味がある部活があれば加入すべきである。

 

というのは、部活では様々なことを学べるのは前述した通りだが、それと同様に重要なのが部活で培ったスキルは社会人になってスポーツをしたくなった時に役に立つということである。

 

僕はへたくそなGKだったが、へたくそなにもGKである。つまり、GKとしての最低限のスキルは今でも持っている。そして、社会人になりたまに体を動かしたいなと思いゆるめの社会人フットサルなんかに参加したときにそのスキルを活かせるのである。

 

スポーツは活躍できてなんぼである。

 

いくらサッカーが好きでもボールがうまく蹴れなかったり、ゴールを決められなければモチベーションが下がってしまう。そして、遊びレベルであっても基礎的なスキルを社会人になってから習得するのはなかなか難しい。

 

そんな時に学生時代に帰宅部だったことを嘆いても遅いのである。

 

 

高校サッカー、甲子園、春高バレーなどなど部活の大会は毎回いろいろなドラマが待っている。今年はどんな熱いドラマがあるのか今から楽しみである。

 

 

 

お知らせ

 

メルマガ『世界から発信中』始めました!

ブログの右にあるリンクから登録できます。

 

ブログでは書けなかったハンガリー生活の裏話や小話、語学、時事ニュース、旅、恋愛などなどブログ以上にぶっちゃけて書いています!

 

ぜひ登録よろしくお願いします。