ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ハンガリー語を話せない人間がハンガリーに住んでみた 第1話 英語を話せますか?

 

 

ハンガリー語は世界でも屈指の難しい言語だ。

 

その理由は日本語と同じくどの言語にも類似しないからだ。

 

ハンガリーに住み始めて11か月。

 

移住前に基本的な文法や単語は教わったものの、会話などの実践的な練習はしてなかったので僕のハンガリー語は素人に毛が生えた程度である。

 

ハンガリーでは英語が通じる人も多いが、その差は激しく、すごく話せるかあるいは全く話せないかの2択である。要は片言だけどとかある程度といった中間レベルがほとんどない。なので、英語が話せない人に当たるとなんとかハンガリー語でやり取りをしなければならない。

 

すごく簡単な作業、例えば欲しいものがどこにあるか分かっていてかつそのものがあるなどだったらハンガリー語の単語を並べるだけでも大丈夫だがすこし複雑な作業だとそうもいかない。

 

そうなると必然的にハンガリー語が英語で話さなければならないが、いきなり英語で話しかけるのは失礼だと個人的に思っているので毎回英語で話したいときは「英語を話せますか?」と聞く。

 

ハンガリー語は日本語と同様に主語を省略しても大丈夫な言語なので英語のように「あなたは英語を話せますか?」といちいち主語をつけて聞かなくても問題ない。

 

ハンガリー語で話すはBeszélで英語はAngolulなのでこれをそのままつなげて「Beszel angolul?」と聞く。

 

フランス語やイタリア語のように動詞には活用があり、Beszelも主語に合わせて活用しなければならないが会話では活用しなくても、し忘れても、間違えても基本的には伝わる。

 

ただし、ハンガリー語の場合は主語の省略が可能なので活用が重要な意味を持つことも多い。なので、活用に自信がないときは主語をつけて話すのも会話を円滑に進める手である。

 

「Beszel angolul(ベスィール アンゴルール)」は覚えておくとハンガリーでは最高に役に立つ表現の1つである。

 

 

<続く>

 

お知らせ

 

メルマガ『世界から発信中』始めました!

ブログの右にあるリンクから登録できます。

 

ブログでは書けなかったハンガリー生活の裏話や小話、語学、時事ニュース、旅、恋愛などなどブログ以上にぶっちゃけて書いています!

 

ぜひ登録よろしくお願いします。