ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

パリでベタな手法により財布をすられた俺の物語

 

1週間くらい前にフランスのパリに行ってきた。フランスには旅行で何度も訪れたことがあり、留学もしていた。そして、今まで1度もフランスで危ない目に遭ったことがなかったので完全に油断していた。

 

滞在最終日の夜、エッフェル塔に足を運んだ。ライトアップされてきれいだったそれをビールを飲みながら近くの芝生に座り眺めていた。

 

30分後、酔いがいい感じにまわりはじめた俺は芝生から立ち上がり、エッフェル塔の周りを軽く散歩することにした。すると、ライトアップされたエッフェル塔が突然点滅し始めた。エッフェル塔のイルミネーションの魅力の1つである。

 

光が点滅したその姿に完全に魅了された俺はしばらく眺めていた。

 

約5分後、夜も更けてきたのでホテルに戻るために電車に乗ろうと駅に向かい、切符を買うためにバックを前にまわした。すると、バックのチャックが全開になっていた。その瞬間にすられたと思った。

 

基本的に俺はバックを全開にしない。何か取り出すことがあってもチャックは腕が入る程度しか開かないし、絶対に閉め忘れることはない。

 

となると考えられることは1つ。エッフェル塔に見とれているときに背後から誰かが来てチャックをあけて盗っていったのだ。エッフェル塔には大勢の観光客や警官がいるが、エッフェル塔の脇にある公園には街灯もほとんどないし、観光客もあまりいない。なぜそんなところを散歩していたかというと街灯がなくよりエッフェル塔のイルミネーションがきれいに見えるからだ。

 

おそらく、背後から人が来て仮にバックを後ろに回していたとしても自分のバックになにかされていたなら気づくだろうと考える人が多いと思うが俺は気づかなかった。酔っぱらっていたからだ。ビール1本飲んだのでほろ酔い程度だったが素面よりははるかに注意力は落ちる。よって、気づかなかった。

 

全くベタな手法ですられたものだ。自分に嫌気がさす。

 

クレジット類は日本のもハンガリーのもすべて盗まれたが、幸いすべてすぐにとめたため被害はなかった。ただ、盗まれた財布は親友からもらった誕生日プレゼントでかなり気に入っていたためそれを盗まれたことが1番ショックだった。

 

親友に盗まれたことを告げ謝ると予想だにしない返信がきた。

 

「お前が無事ならそれでいい。安心した」

 

財布は盗まれたが、代わりに強固な友情を手に入れた。

 

<メルマガ廃刊とnote始めました>

メルマガ『世界から発信中』はこの度廃刊が決まりました。ご愛読ありがとうございました!

その代わりと言ってはなんですがnoteを始めました。そこで「フランス留学記」を連載しているのでよかったら遊びに来てください。

 

https://note.mu/japangary/m/mfe40c2334265