読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ついにハンガリーでワーホリ解禁!その魅力は?

 

 

1 本14日,東京において,岸信夫外務副大臣及びシーヤールトー・ペーテル外務貿易大臣(H.E. Mr. Peter SZIJJARTO, Minister of Foreign Affairs and Trade of Hungary)の間で「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府ハンガリー政府との間の協定」の署名が行われました。

2 この協定は,ワーキング・ホリデー制度の参加者として有効な査証又は一時滞在許可証を所持する相手国の国民に対し,入国の日から一年間の滞在を許可し,かつ,休暇の付随的な活動として旅行資金を補うために就労許可なしに就労することを認めるための法的な枠組みを構築するものです。

3 この協定は,それぞれの国内手続の完了を書面により通報し,双方の通報が受領された日のうちいずれか遅い方の日の後30日目の日に効力を生じます。

4 ワーキング・ホリデー制度の開始を契機として,両国の青少年の交流や相互理解が促進され,両国の友好親善関係が一層強化されることが期待されます。

(外務省ホームページより)

 

というわけでついに日本とハンガリーの間でワーキングホリデー協定が結ばれました。詳細は明らかになっていませんが、他の国とのワーキングホリデー協定を見る限り対象年齢などの取得条件は同じだと思います。

 

ただ、ハンガリーはEU加盟国でありながらユーロは導入しておらず、物価もヨーロッパの中ではかなり安いので銀行残高の最低金額はフランスのワーホリの条件よりも低くなるのではないかと思っています。

 

ハンガリーの企業の特徴

特徴1:IT企業が多い

ハンガリーには多くのIT企業があり、最近では世界的に有名なIT企業もいくつか出てきています。その中でも特に有名なのが‟Prezi”というプレゼンテーションソフトの企業でハンガリーで名をあげてあとは本社をアメリカに移しました。

 

特徴2:日系企業が多い

ハンガリーはスズキやホンダ、スバルなどの日本の自動車メーカーやSony任天堂などの電機、ゲームメーカー、そして日本通運JTB、竹下工務店など日本企業の支社や支店が多くあります。

 

また、それ以外の中小企業もハンガリーに支店を持っていたり、多くの日本レストランがあります。

 

特徴3:プライベートの時間を確保できる

ハンガリーの企業では原則残業はないので仕事とプライベートをしっかりと両立できます。また、労働時間がフレキシブルなところも多いので例えば朝8時に出勤し、夕方4時に退勤し、そこから寝るまで自分の好きなことができます。

 

 

ハンガリーでワーホリをする魅力は? 

日本人の多くになじみのない国、ハンガリー。こんな国でワーホリしても意味がないと思う方が大半だと思いますが、ハンガリー在住歴1年の僕はハンガリーでワーホリする魅力はいくつかあると考えています。

魅力1:物価が安い

ハンガリーはヨーロッパの中でもかなり物価が安いです。例えば、コッぺパンは1つ5円するかしないかのレベルでそれ以外のお肉や野菜などの食材も安く手に入ります。ただ、魚だけは日本よりもはるかに高く味は最悪なので注意が必要です。

 

魅力2:親日的な人が多い

大規模なジャパンフェスタが開催されるなどハンガリーには日本に興味を持っている人がたくさんいます。また、日本にいいイメージを持っている人が多い親日国家なので差別などもされずかなり住みやすい国だと思います。

 

 魅力3:プライベートの時間を確保できる

 

 

とにかくヨーロッパで働いてみたい人には検討の価値あり

とりあえずヨーロッパで働いてみたいけど、フランスやイギリス、ドイツなどの人気のある国では競争率が高くてどうしようと悩んでいる方はハンガリーでのワーホリを検討してみてはどうだろうか?

 

ハンガリー、特にブダペストは綺麗な街で治安もヨーロッパの中ではかなりいいので安心して暮らすことができる。

 

 

<メルマガ廃刊とnote始めました>

メルマガ『世界から発信中』はこの度廃刊が決まりました。ご愛読ありがとうございました!

その代わりと言ってはなんですがnoteを始めました。そこで「フランス留学記」を連載しているのでよかったら遊びに来てください。

 

https://note.mu/japangary/m/mfe40c2334265