読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ベルギーの企業から内定取り消しをされました・・・

 

Twitterハンガリーの企業2社、フランスの企業1社、ベルギーの企業1社の最終面接までいき、うち1つの企業から内定をもらったと書きましたが、実はそれがベルギーの日系企業でした。

 

ですが、昨日内定を取り消されてしまいました。

 

理由は大きく分けて2つあるそうです。

 

理由① 書類の準備に時間がかかりすぎ

ビザ申請のために大学の英文の卒業証明書や健康診断書が必要だと言われたので早急に準備に取り掛かりました。

 

ところが、大学の英文証明書は手元になかったためまず大学に作成を申請(1週間程度かかる)し、その後実家に送ってもらい、両親にハンガリーへ送ってもらうことにしました。

 

ただ、両親も共働きで毎日働いているため郵便局に行ける時間はありません。そこで英文証明書の調達に時間がかかってしまいました。

 

また、健康診断書はもらった2枚のフォームに病院で診断を受けてサインとハンコをもらえばいいということだったのですが、ハンガリーの病院では予約が必要だったり、料金もかなりかかる(10万フォリント前後)のですぐには受けられませんでした。

 

そのことを伝えるとベルギーの病院なら予約いらずで安く受けられると言われたのですが、いくらハンガリーからベルギーが近いとはいえスケジュールや金銭的な都合でそう簡単にはいけませんでした。

 

ただ、なんとか日程と金銭に都合がついたので航空券を予約しようとしていた矢先に起きた取り消しでした。

 

 

理由② メールでの意思疎通がうまくいかない

連絡は主にメールでやっていたのですが、僕と会社側の意思疎通があまりうまくいってなく今後一緒に働くことに不安を覚えたと言われました。

 

言葉遣いなどの問題ではなく、メールの書き方が悪い、話がかみ合わないと言われてしまいました。メールの書き方が悪いとはいっても件名がなかったりなどの基本的な部分ではなく、情報の伝え方が悪いのが1番大きいようです。

 

 

2つの理由から戦力として見込めないと判断されて・・・

そもそも僕を雇ったのも僕の経歴やスキルをみて即戦力として雇ったわけではなく、若く伸びしろが見込めるから実は雇ったといわれました。

 

しかし、この2つの理由で自分の身の回りのことすらろくにできない人間に伸びしろは見込めないという判断をされてしまい内定を取り消されてしまいました。

 

もちろん、書類の準備に時間がかかり過ぎて迷惑をかけたり、自分のスケジュールや金銭にやや問題があり情報が不透明になってしまったことも事実なのでそこは反省しています。ただ、働く前から戦力になる見込みがないからと判断されたのは納得がいきませんでした。

 

しかしながら、1日経って改めて考えるともしかしたら社会人の世界ではそれが普通なのかもしれないと思いました。というのは、どんな理由があろうとも会社の要求していることを満たせなければクビを切られるのは当然です。

 

今回、僕は理由があれスムーズに書類が準備できず、メールも求められているレベルのものを書けなかったということです。

 

納得できない部分はまだありますが、終わったことは仕方ないので深く考えずに反省し、次に活かそうと思います。

 

 

今後は・・・

内定取り消しをくらった1時間後、ありがたいことに結果待ちだったハンガリーの企業から内定をいただきました。

その企業ではフランス語を使えるのと、自分がヨーロッパでまだ経験を積みたいのでこの企業に就職しようと思います。

 

日本でも海外でも社会人にもなれば最後に自分を守るのは自分です。どんなに納得できないことがあっても受け入れなければならない場面も出てきます。改めて自分のすることに責任を持つことの重要さと難しさを感じました!

 

<note始めました>

noteを始めました。現在は『フランス留学記』を連載しているのでよかったら遊びに来てください。

最新話「日本=アニメというイメージは悲しい」

 

フランス留学記 | Papico | note

 

<海外就活 虎の巻ついに発売!!>

ハンガリーのグローバルIT企業での就活について書きました!どうやってオファーを見つけたのか、面接や試験でなにを聞かれたのか、結果はどうだったのか赤裸々に書いています!

note.mu