ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

片桐はいりさんのエッセー『グアテマラの弟』がめちゃめちゃ面白い件

 

去年、片桐はいりさんのエッセー『グアテマラの弟』を読んですごく面白くてめちゃめちゃハマったのですが、最近久々に読みたくなったキンドルに残しておいたこのエッセーを再び読みました!



僕は普段、政治やビジネス関係の本しか読まないのですが、たまにそういった本を読むのが疲れてしまいます。

 

そういう時にエッセーや小説を読んでリフレッシュするのですが、読むのが2回目でもやはり面白かったです!


著者は女優の片桐はいりさん!




全員この顔を知っていると思います(笑)



そんな片桐さんがグアテマラに住む弟を訪れた際の旅の記録をまとめたエッセーです!






片桐さんの弟はグアテマラグアテマラ人の奥さんと共にスペイン語の教室を経営しており、日本のスペイン語界では非常に有名な方のようです。




もともと仲が悪かった片桐さんと弟さんですが、弟さんがグアテマラに移住してから徐々に姉弟の関係にも変化が表れ、ついに片桐さんが弟さんを訪ねに初めてグアテマラに行きます。


本自体は150ページ前後と長くはないですが、内容は盛りだくさん!


片桐はいりさんがグアテマラで経験したびっくりしたこと、感動したこと、困難だったことなどが赤裸々に書かれています。


文章自体も読みやすく、想像力をかきたてるような表現力豊かな文章が多くあり、読み終わったときにはグアテマラに旅行した気分になれます。


値段も文庫本では500円程度とお求めやすいのでぜひ読んでみてください!

 

 

★海外就活 虎の巻の第2弾発売!!★

第1弾に続き、ハンガリーの別のグローバルIT企業での就活について綴りました!

どうやってオファーを見つけたのか、面接や試験でなにを聞かれたのか、結果はどうだったのか赤裸々に書いています!

海外就活希望者は必読の1冊!

note.mu

 

★noteやってます★

noteやってます!

『フランス留学記』を連載してます。

最新話「フランスの大学の授業は日本とはかなり異なる?」(8月16日更新)

note.mu