ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ハンガリーの美容室はおススメできない!?

 

僕のブログの中で1、2を争うくらい読まれている記事があります。

ハンガリーで日本人の美容師さんに髪を切ってもらったという記事です。

japangary.hatenablog.com

 

では、なぜ日本人の美容師さんを探したかというと、その前に1度だけハンガリーの美容室に行ったもののあまり満足できなかったからです。

今回はそんなハンガリーでの美容室体験について書こうと思います。

 

以前の職場への通勤で利用する駅の近くにBio hairという美容院があり、外観がよさそうで値段も安くもなく、高くもなくのちょうどいい感じなのでそこにしました。
安すぎるとちょっと怖いので。


行く前に美容院に関するハンガリー語を予習。
“カット”や“シャンプー”、“ドライヤー”、“短く”などを覚え仕事終わりにいざ出陣。


恐る恐るドアを開けると、5人くらい女性が待っていました!


受付に行き、ハンガリー語で話そうとすると、受付の女性が英語で話しかけてきました。

英語OKなのかい!とびっくりしてしまい、そこで緊張はふっとびました。


カットをお願いし、名前を書くと受付の女性に待っててと指示され、僕も5人の女性たちと一緒に待ちました。

すると、ドアから続々と男性のお客さんもやってきました。

どうやらこの美容院は男女に人気があるみたいです!


待ってる間に店内を見渡すと、日本と変わらない感じでした。

イスと鏡とシャンプー台があり、照明やインテリアもおしゃれでした。




実は海外で切るのはこれで2回目。

1回目はフランスで切ったのですが、髪切る前に被せられるフード?が短すぎて服に髪の毛がつきまくりでそのまま帰されたり、終わった後に髪の毛を洗ってもらえなかったりと散々でした・・・


果たして今回はどうか。


僕の番が来ました。

担当してくれた女性も英語が話せるので一気に安心しました。

イスに座ると彼女がフードをかぶせてくれました。


しっかりと靴までかぶるフードでした!
ポイント1クリア!


そして、どういう風に切るのか聞かれ、左側は切らずに右側だけ切るアシメでとお願いしました。

すると、彼女は少しずつ切っていくねといってくれ、少しずつ切ってはこれでOK?と丁寧に聞いてくれました。

ところが、僕がここはこう切って、ここはもう少し短めでと細かく指示し始めると、彼女の様子が一変。

「面倒くさいから細かい指示は出さないで」とキレられてしまいました・・・

ハンガリーでは男性はスキンヘッド並みの坊主かこだわりのない短髪の人が多いので、僕みたいに細かく指示するということがないのだと思います。

 

これで一気に萎えてしまいました。


結局30分くらいでカットは終わりました。


散髪後はシャンプーとドライヤーをしてくれたので、そこはフランスよりはマシでした。

そして最後のポイント、服についた髪の毛を落としてくれるのか!

フランスほどではなかったですが、若干髪の毛が服についていました。彼女はそれに気づいてくれてドライヤーで全て落としてくれました!


キレられたこと以外は満足でした。


値段は2200フォリント、日本円だと800円前後とフォリントだと手ごろな価格です。

Biohairという美容室です。




ちなみに人気のある美容院だと、日本でもそうだと思いますが、予約が必須みたいなので要注意です。

 

といった感じでハンガリーの美容室を体験したわけですが、フランスの僕が言った美容室よりはサービスはよかったです。

ただ、やはりヘアケアの文化が違かったり、いくら英語が話せても自分が思い描く髪型を完璧に伝えるのは至難の業です。そういった思いから日本人美容師さんを探し、幸いにも見つけることができました。

 

とはいえ、何事も経験することは重要です。

 

ハンガリーの美容室に興味がある方はぜひ行ってみてください。

 

★海外就活 虎の巻の第2弾発売!!★

第1弾に続き、ハンガリーの別のグローバルIT企業での就活について綴りました!

どうやってオファーを見つけたのか、面接や試験でなにを聞かれたのか、結果はどうだったのか赤裸々に書いています!

海外就活希望者は必読の1冊!

note.mu

 

★noteやってます★

noteやってます!

『フランス留学記』を連載してます。

最新話「アンジェSCOの試合を観に行く」(9月17日更新)

note.mu