ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

世界史塾

フランスの歴史⑤ パリの発展とイングランド王国との関係

フランク王国の分裂とフランス王国の始まり 814年にカール1世が亡くなると、その後継ぎをめぐって彼の子息たちが争い始めました。 孫のロタール1世、ルートヴィヒ2世そしてシャルル2世は841年に戦い(フォントノワの戦い)、帝国を均等に3分割す…

フランスの歴史④ カール1世の時代におけるカロリング朝の最盛期

ローマ帝国の東西分裂によるキリスト教会の分裂 395年にローマ帝国は西ローマ帝国と東ローマ帝国に分裂すると、ローマにあったローマ教会は西ローマ帝国を、コンスタンティノープルにあったコンスタンティノープル教会は東ローマ帝国をそれぞれ保護国とし…

フランスの歴史③ キリスト教の成立とその影響力

キリスト教とは中世ヨーロッパでどんな存在だったのか? カロリング朝成立後のヨーロッパの歴史をみるまえに、キリスト教について少し学んでおきましょう。というのも、キリスト教は昔も今もヨーロッパの歴史を学ぶ上で非常に重要なポイントの1つです。これ…

フランスの歴史② フランク王国の誕生

西ローマ帝国の滅亡とフランク王国の誕生 ローマ帝国の東西分裂のきっかけの1つともなった西ゴート人たちはローマ帝国が東西分裂したあとも西ローマ帝国にたびたび侵攻しました。 418年には西ローマ帝国の南ガリアに侵攻すると、そこを支配し西ゴート王…

フランスの歴史① ガリア

最初からフランスという国があったわけではない! 最初から今日のような花の都パリを首都とし、美食やファッションの中心として知られるフランスという国があったわけではありません。また、フランス人という民族も最初はいませんでした。 紀元前60年(紀…

日本はなぜアメリカと戦争したのか?

対米戦争の原因としてよく挙げられるのがアメリカから受け入れるのが無理な難題を突き付けられたハルノートやアメリカ、イギリス、中華民国、オランダが行ったABCDラインによる経済制裁、あるいは東條英機による決定などだが、これらはあくまでも対米戦…