ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

ロシア語はおそロシア?! 文法習得編


ロシア語の文法はフランス語やイタリア語のそれとは比べ物にならないほど難しい。

その最大の理由が日本語のように格変化があるからだ。

格変化とは、~を、~に、~のというようなもので日本語の私を、私に、私のという変化がロシア語にもある。

それはつまり、その格変化をすべて覚えなければならないことを意味する。


また、基本を覚えたら例外も覚えなければならない。

この格変化を習得して初めてロシア語の文法のスタートラインに立てる(笑)


しかし、これがどう頑張っても覚えられない。

参考書についている問題は量が少なく練習にならない。


ネットでロシア語の格変化の練習問題を探すもなく・・・。

ロシア語学習は早々と暗礁に乗り上げてしまった。
それから1週間、必死に暗記しようとしたが厳しかった。

もともと、自分は暗記が得意な方ではない。


語学は単語や文法など少なからず暗記しなければならないことがあるのだが、僕の場合はこれらを暗記しないで、外国人と話すうえで自然に身体に覚えこませていった。

ロシア人の女の子とは相変わらず毎日チャットしているが、向こうは仕事をしているためチャットできる時間は限られている。
ましてや、通話もできない。


そして、周りにロシア人の知り合いはいない。

僕のモチベーションは一気に下がっていき、ついにロシア語をあきらめる直前まできてしまった。


しかし、ここで1つの考えが浮かんだ。

僕の大学には幸い、ロシア語の授業があり、ロシア人の先生が常勤していた。

僕はその先生に放課後のマンツーマンレッスンをお願いすることにした。

先生になぜロシア語を勉強しているのか、今までの学習の経緯や問題点を伝え、マンツーマンレッスンをお願いすると、快く引き受けてくれ、さっそく次の週から毎週1時間レッスンをしてくれることになった。値段はもちろん無料!


ロシア語習得への道が一気に開けた!

 

Youtubeチャンネル

JapanGary Papico - YouTube

 

★海外就活 虎の巻★

これを読めば海外就活に関するすべてのことが丸わかり!

海外就職にあこがれる人必読の1冊!

 

note.mu

 

★note★

『フランス留学記』を連載してます。

最新話「留学は人生の通過点でしかない」(7月30日更新)

note.mu