ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

Netflixドラマレビュー 『You』

f:id:Japangary:20190503191538j:plain

 

あらすじ

主人公の本屋の店長ジョーはある日店に来たベックという女性に一目惚れする。

ジョーは、ベックが本を買った時のクレジットカードで名前を確かめ、SNSで彼女のの私生活をチェックし、ストーキングを開始。

ジョーは彼女が問題を抱えているときにいつも偶然を装ってベックの前に現れ、ベックの心の傷を癒していき、そんな彼にベックは運命を感じ始める。彼がネットストーキングから彼女のトラブルを把握しているとは夢にも思わずに。

そして、二人は付き合い始めることになった。

しかし、付き合いながらもジョーはストーキング行為をやめることができず、次第にベックの全てを得るために過激な行動に出始める。

 

評価

主人公がSNSやインターネットそして頭脳を使って心理戦や情報戦を繰り広げ、ベックの心を手にする展開を期待していた。

物語の序盤は彼女のSNSをチェックし、ストーキングして彼女の心に入り込む心理戦と情報戦を見ることができたが、彼女の元彼や親友を殺害するという物理的な解決方法には正直がっかりした。

ジョー自身も彼がベックの親友のピーチと対立したときに「自分の頭で彼女の心をピーチのもとから引き離して自分のものにする」という趣旨のことを言っていただけに、殺害という何の工夫もない方法でなく、頭脳を使って工夫を凝らした方法で解決してほしかった。

 

また、ベックのビッチぶりと気分屋ぶりには見ていていらいらした。

自分の気持ちがネガティブなときに目の前にいる男性とすぐに性的な関係を持ったり、ジョーの忠告を非難し、親友のもとに行ったかと思えば、親友とけんかし、ジョーのもとに戻るという彼女の行動は目も当てられなかった。

ただ、彼女がこのような性格だから、おそらくジョーのだめな元彼や親友から彼女を引き離すために彼らを殺害したという動機にある意味で同情してしまうのだろう。

 

人間の心の中の孤独と闇をこのドラマは卑しいほどよく描いている。

 

ストーリー:★☆☆☆☆

キャラクター:★★★☆☆

全体の満足度:★★☆☆☆