ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

2022年7月18日から2022年7月24日までの気になったニュース

➀ 2022/7/18
安倍氏死去で保守離れ加速か (産経新聞)
自民党は、選挙戦全体では単独で改選過半数の63議席を得る大勝を収めたが、比例に限ると議席を減らしたことに危機感を募らせている。背景には、党を支える保守層の支持の一部が参政党など新興勢力に流れたことや、支持団体の集票力の陰りがあるとみられる。

 

➁ 2022/7/19
中韓でのブランド被害、1千億円超  (産経新聞)
➙ 農産品の損失額は1千億円超ともされる。昨年に改正種苗法を施行したものの、流出防止の管理などは品種育成者に委ねられる部分も多い。そのため、農水省は令和5年度中にも、新品種の育成者権の管理・保護や流出の監視などを専任で担う機関の設立を検討。

 

➂ 2022/7/20
日英伊が次期戦闘機開発で協力  (日経新聞)
➙ 英政府は19日、日本、イタリアと次期戦闘機の開発で協力を強化すると発表した。日本政府が2035年自衛隊への配備を目指す次期戦闘機を巡り、日英間では共同開発が進んでいる。エンジン部分は両国企業が共同研究している。協力の枠組みが伊にも広がる。

 

➃ 2022/7/21
安保上重要な土地、政府が規制行為7例  (日経新聞)
➙ 政府は安全保障のうえで重要な土地の取引を調査・規制する法律で規制対象となる行為をまとめた。防衛関係の施設などの機能を妨げる懸念がある「阻害行為」として光の照射をはじめ7例を挙げた。土地利用者に同法が禁じる活動をしないよう徹底させる。

 

⑤ 2022/7/22
景気優先、日銀動かず  (日経新聞)
➙ 日銀の黒田総裁は21日の金融政策決定会合後の記者会見で円安に懸念を示す一方、為替対応での利上げは「合理的でない」と述べた。企業収益向上と賃上げの好循環につながるまで大規模緩和を続ける。

 

⑥ 2022/7/23
防衛白書、台湾記述10ページに倍増  (産経新聞)
➙ 22日の閣議で了承された今年の防衛白書では台湾をめぐる記述が昨年版の5ページから10ページに増え、新設されたウクライナ侵攻の章以外で最大の追加部分となった。中国の台湾侵攻が現実の脅威となりつつあることに白書は明確な警鐘を鳴らしている。

 

⑦ 2022/7/24
校則はネット公開を  (日経新聞)
文部科学省有識者会議は22日、小中高校の教員向けの手引書「生徒指導提要」の改訂素案をまとめた。改訂は12年ぶりで、「ブラック校則」と呼ばれる不合理な校則の見直しを重視。外部の評価を反映させるため校則を学校のホームページで公開するよう呼びかけた。