ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

2022年7月25日から2022年7月31日までの気になったニュース

➀ 2022/7/25
サル痘の感染者、国内初確認 (産経新聞)
➙ ウイルス感染症「サル痘」について25日、東京都内で感染者が確認された。国内での確認は初めて。感染したのは都内在住の30代の男性。25日に感染を確認した。6月下旬に欧州に渡航し、7月中旬に帰国した。渡航先で後にサル痘と診断された人との接触歴があった。

 

➁ 2022/7/26
日銀新審議委員「リフレ派」と距離  (産経新聞)
日本銀行の審議委員に高田創氏と田村直樹氏が24日付で就任した。金融政策決定会合での議決権保有者では、岸田文雄政権になって最初の人事で、大規模な金融緩和の弊害を指摘してきた高田氏の起用について「政策修正への布石」との見方もある。

 

➂ 2022/7/27
技能実習、「来日前借金」5割超  (日経新聞)
技能実習生の5割超が来日のため平均54万円の借金をしていることが26日、出入国在留管理庁による初の実態調査で分かった。ベトナムカンボジアの出身者が高く、8割に上る。借金返済などのため、別の職を求めて失踪に至る構図がうかがわれる。

 

➃ 2022/7/28
佐渡金山「推薦書の不備」で審査進まず  (産経新聞)
➙ 政府が世界文化遺産に推薦した「佐渡島の金山」について、ユネスコが期日までに諮問機関に推薦書を送付せず、2023年の登録審査に向けた手続きに入っていないことが分かった。ユネスコ佐渡金山の「推薦書の不備」を指摘しているという。

 

⑤ 2022/7/29
韓国、軍需大国へ前進  (産経新聞)
ポーランド政府は27日、韓国から戦車約千両、戦闘機48機などを購入する契約を発表した。総額は約1兆円に達するといい、過去最大規模の武器輸出となる。ポーランドは韓国から戦車「K2」180両の年内引き渡しのほか、技術移転を通じさらに800両以上を現地生産する。

 

⑥ 2022/7/30
佐渡金山の書類不備は2月に指摘  (産経新聞)
➙ 政府によると、推薦書の提出期限だった2月1日以降は書類の修正が認められないため、文化庁ユネスコに対して「不備はない」と主張し続けていた。相談しなかったことは「外交上のやり取りが漏れれば、ユネスコが態度を硬化させる懸念があった」とした。

 

⑦ 2022/7/31
兵庫医科大が孔子学院を閉鎖  (産経新聞)
兵庫医科大学が中国の大学と共同運営していた「中医孔子学院」が、2月28日付で閉鎖されていたことが分かった。兵庫医科大の広報誌によると、閉鎖理由は「運営母体の中国国際中文教育基金会との協定期間が満了した」としている。