ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2022年11月)

◎: 大絶賛  〇: 好意的なコメント  マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり)

 

【本】

マイクル・Z・リューイン
「祖父の祈り」(ヒデミス2022)

長浦京
プリンシパル」(ヒデミス2022)

ニタ・プローズ
「メイドの秘密とホテルの死体」(ヒデミス2022)

アンソニーホロヴィッツ
「殺しへのライン」(ヒデミス2022)

M・W・クレイヴン
「キュレーターの殺人」(ヒデミス2022)

ピエール・ルメートル
「その女アレックス」
「死のドレスを花嫁に」〇
「悲しみのイレーヌ」〇

山口貴由
「劇光仮面」

小栗虫太郎
黒死館殺人事件

アガサ・クリスティー
「終りなき夜に生れつく」

グレイディ・ヘンドリクス
「ファイナル・ガール・サポート・グループ」

トム・リン
「ミン・スーが犯した幾千もの罪」

イアン・マクドナルド
「時ありて」

クラム・ラーマン
「ロスト・アウデンティティ」
「テロリストとは呼ばせない」

 

【映画&ドラマ】

「さらば友よ」

「MEN 同じ顔の男たち」

狂気の愛

「夜の第三部分(TRZECIA CZESC NOCY)」

「すずめの戸締まり」

「ワカンダ・フォーエバー」

「13人の命」◎

西部戦線異状なし」◎

「エノーラ・ホームズ事件簿」

「グリーンナイト」

「ある男」

台風クラブ

夏への扉