ハンガリーから発信中

世の中はおもしろい出来事であふれている

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2023年2月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 【映画&ドラマ】 「セールス・ガールの考現学」

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2023年1月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 S・A・コスビー「頰に哀しみを刻め」 グレーテ・ビョー「メーデー 極北のクライシス」 エドワード・ケアリー「望楼館追想」 ピーター・スワンソン「だからダスティ…

2022年10月3日から2022年10月9日までのウクライナ情勢

2022/10/3 (侵攻220日目)・ヘルソン州当局者は、ウクライナ軍が州内の集落ミロリュボフカとアルハンゲリスコエを奪還したと発表した。ウクライナ軍の広報官は同日、「状況転換が加速している」と指摘。ヘルソン州を支配する親露派勢力の幹部もウクライナ軍の…

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2022年12月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 誉田哲也「妖の掟」 ウィンストン・グレアム「罪の壁」 アルジス・バドリス「誰?」 トム・リン「ミン・スーが犯した幾千もの罪」◎ リチャード・パワーズ「惑う星」…

2022年9月26日から2022年10月2日までのウクライナ情勢

2022/9/26 (侵攻213日目) ・独立系メディア「メドゥーザ」によると、21日から26日までに、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクを含む全国11都市の入隊事務所で火炎瓶が投げ込まれるなどの放火事件が発生。地方行政施設に対する放火も全国で6件発生したとい…

2022年9月19日から2022年9月25日までのウクライナ情勢

2022/9/19 (侵攻207日目) ・ウクライナ原子力企業エネルゴアトムは、南部ミコライウ州の南ウクライナ原発が同日未明、ロシア軍にミサイルで攻撃されたと発表した。原子炉から300メートルの敷地内に着弾、大きな爆発が起きたとし、「ロシア軍は核テロで世界全…

ハンガリーでの国際結婚の方法

1. OFFIで日本の戸籍謄本の原本を翻訳してもらう・2週間程度かかり、料金は約5万ft。➙ これがハンガリーでは出生証明書として扱わる。 2. 日本大使館で婚姻要件具備証明を作成してもらう・日本の戸籍謄本の原本とパスポート、1人で行く場合は婚姻相手のIDカ…

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2022年11月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 マイクル・Z・リューイン「祖父の祈り」(ヒデミス2022) 長浦京「プリンシパル」(ヒデミス2022) ニタ・プローズ「メイドの秘密とホテルの死体」(ヒデミス2022) アン…

2022年9月12日から2022年9月18日までのウクライナ情勢

2022/9/12 (侵攻200日目) ・ソニーグループが、ロシアでの音楽事業から撤退したことが分かった。現地法人と所属するアーティストを現地企業に譲渡した。・ザポロジエ原発を巡り、IAEAのグロッシ事務局長は記者会見し、同原発や周辺で戦闘を禁じる「保護区域…

2022年9月5日から2022年9月11日までのウクライナ情勢

2022/9/5 (侵攻193日目)・ロシアが制圧を宣言したヘルソン州に設置した統治機関「軍民行政府」幹部のストレモウソフ氏は、「現状を考慮した」として、同州の露編入を問う「住民投票」の実施の準備を一時停止すると発表した。・ザポロジエ原発を巡り、ウクラ…

2022年8月29日から2022年9月4日までのウクライナ情勢

2022/8/29 (侵攻186日目)・IAEAのグロッシ事務局長ら専門家十数人の派遣団がキーウに到着した。派遣団は現地入りした後、原発施設の損傷状況や安全システムの機能、制御室の職員の労働環境を調査するほか、核物質が平和的な目的にのみ使われていることを確認…

2022年8月22日から2022年8月28日までのウクライナ情勢

2022/8/22 (侵攻179日目)・クリミア半島の軍港都市セバストポリの市長は、対空システムが作動し、無人機を撃墜したと明らかにした。市内全ての集合住宅の地下室を必要に応じてシェルターとして活用するよう指示したことも明らかにし、警戒強化の姿勢を示した…

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2022年10月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 高畑京一郎「タイム・リープ あしたはきのう」〇 小松左京「牛の首」 知念実希人「機械仕掛けの太陽」 リチャード・オスマン「木曜日殺人クラブ 二度死んだ男」◎ リ…

小島秀夫監督がSNSで取り上げた本と映画 (2022年9月)

◎: 大絶賛 〇: 好意的なコメント マークなし: 感想なし (購入、公開報告の場合あり) 【本】 長浦京「プリンシパル」 ウィリアム・ケント・クルーガー「このやさしき大地」 キャサリン・ライアン・ハワード「56日間」 荒木あかね「此の世の果ての殺人」◎ 綾辻…

2022年8月15日から2022年8月21日までのウクライナ情勢

2022/8/15 (侵攻172日目)・ロシア国防省は、ショイグ国防相とグテレス国連事務総長が電話会談し、ウクライナ南部でロシアが占拠する欧州最大のザポロジエ原発の安全について協議したと発表した。ロシアは国際原子力機関(IAEA)による原発立ち入りに協力する…

2022年8月1日から2022年8月7日までのウクライナ情勢

2022/8/1 (侵攻158日目)・トルコ政府は、輸出再開の第1便が黒海に面するウクライナ南部オデッサの港を出航したと述べた。出航したのはシエラレオネ船籍の貨物船「ラゾニ」で、トウモロコシ2万6千トンを積んで中東レバノンに向かう。・米英仏3カ国は、核拡散…

2022年7月25日から2022年7月31日までのウクライナ情勢

2022/7/25 (侵攻151日目)・財務省は、ロシアへの追加制裁として、ロシア産の金の輸入禁止を8月1日から実施すると発表した。政府は今月5日、金の輸入禁止のほか、ロシア向けの信託や会計などのサービスの提供を禁止することを閣議了解した。サービスの提供禁…

2022年7月18日から2022年7月24日までのウクライナ情勢

2022/7/18 (侵攻144日目)・ロシアのマツェゴラ駐北朝鮮大使は、親露派「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」を北朝鮮が国家承認したことに絡み、北朝鮮の建設労働者が2つの「共和国」の施設の復旧作業で重要な役割を担えると述べた。・ロシアが…

2022年7月11日から2022年7月17日までのウクライナ情勢

2022/7/11 (侵攻137日目)・露国防省は、東部ドネツク州バフムト近郊の集落チャソフヤルのウクライナ軍拠点を高精度兵器で攻撃し、兵士300人以上を殺害したほか、東部ハリコフ州でも空爆で兵士や外国人戦闘員約250人を殺害したと主張した。真偽は不明。・「ノ…

2022年7月4日から2022年7月10日までのウクライナ情勢

2022/7/4 ・英国防省は、ロシアの侵攻が「ウクライナの農業に破滅的な打撃を与えている」との戦況分析を発表した。ロシア軍の黒海封鎖により、今年の農産物の輸出は昨年の35%以下となる可能性を指摘。・露軍の次の主要目標の一つとされるドネツク州の中心都…

2022年6月27日から2022年7月3日までのウクライナ情勢

2022/6/27 ・ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアの外貨建て国債がデフォルトに陥ったとの複数の欧米メディアの報道に関し「同意できない」と述べ、受け入れない姿勢を示した。・ゼレンスキー大統領は、ドイツ南部エルマウで開催中のG7サミットにオンラ…

2022年6月20日から2022年6月26日までのウクライナ情勢

2022/6/20 (侵攻116日目)・ウクライナのベレシチューク副首相は、自国の情報機関の集計として、「ロシア軍が占領した地域からウクライナ人約120万人をロシア領に連行した」との見解を示した。うち24万人が子供で、2千人は孤児だと強調した。・東部ルガンスク…

2022年6月13日から2022年6月19日までのウクライナ情勢

2022/6/13 (侵攻109日目)・東部ルガンスク州のガイダイ知事は、同州の中心都市セベロドネツクとドネツ川を挟んだ対岸の都市リシチャンスクを結ぶ3つの橋全てが破壊されたと発表した。同氏は「市の一部はウクライナ軍が保持している」としたものの、避難や物…

2022年6月6日から2022年6月12日までのウクライナ情勢

2022/6/6 (侵攻102日目)・国連安全保障理事会は、ウクライナ情勢を巡る公開会合を開いた。国連で紛争地の性暴力問題を担当するパッテン事務総長特別代表は、ウクライナ各地で性暴力被害の訴えが3日までに124件あったと明らかにした。「経験上、氷山の一角だ…

2022年5月30日から2022年6月5日までのウクライナ情勢

2022/5/30 (侵攻95日目)・EUは、海上輸送によるロシア産石油の輸入を禁止することなどを柱としたロシアへの追加制裁で合意した。年内にEUが輸入する露産石油の約9割が禁輸される見通しだ。全面禁輸に反発したハンガリーに譲歩した。・東部ルガンスク州のガイ…

2022年5月23日から2022年5月29日までのウクライナ情勢

2022/5/23 (侵攻88日目)・ロシアの国連代表部に勤務してきた露外交官、ボリス・ボンダレフ氏は、ウクライナ侵攻とプーチン露政権に抗議するため、露外務省を退職すると発表した。侵攻への批判を公表した上での露外交官の辞職は極めて異例とみられる。・スタ…

2022年5月16日から2022年5月22日までのウクライナ情勢

2022/5/16 (侵攻81日目)・ウクライナ国防省は、同国軍が東部ハリコフ州から露軍を撤退させ、ロシアとの国境地帯まで到達したと発表した。・マクドナルドは、30年以上展開していたロシア市場から撤退する方針を発表した。地元の買い手への事業売却を検討して…

2022年5月9日から2022年5月15日までのウクライナ情勢

2022/5/9 (侵攻75日目)・プーチン大統領は、第二次大戦の対ナチス・ドイツ戦勝記念日を祝う式典で、NATOがロシアの安全保障上の脅威になっていたと強調した上で、ウクライナ侵攻に関し、「特別軍事作戦は避けられず、唯一の正しい選択だった」と語った。・マ…

2022年5月2日から2022年5月8日までのウクライナ情勢

2022/5/2 (侵攻68日目)・米のカーペンター駐欧州安保協力機構大使は、ウクライナ南東部マリウポリ周辺にロシアが強制収容所を少なくとも4つ設置し、ロシア軍が制圧した他の地域にも複数あるとの見方を示した。ウクライナの住民を捕らえて連行していると懸念…

2022年4月25日から2022年5月1日までのウクライナ情勢

2022/4/25 (侵攻61日目)・英紙フィナンシャル・タイムズは25日までに、ロシアのプーチン大統領がウクライナとの停戦交渉に関心を失い、実効支配地域の拡大を目指す方針に転換したとみられると報じた。ロシア黒海艦隊の旗艦モスクワの沈没後、いかなる合意に…